牛相撲

私たちの演奏を見て下さり、お声をかけて下さる方。
日本の高度経済成長期、八丈島が東洋のハワイと呼ばれていた頃、新婚旅行などで島へ行った時のお話を聞かせて頂く事があります。

八丈島と言ったら、黄八丈が有名。
黄八丈の着物を眺めながら、懐かしそうに顔をほころばせる。

黄八丈をきっかけに昔を思い出し、当時の話を聞かせてくれる。
新婚旅行であれば、おそらく65歳から上の年代の方たち。

島の産業、観光、暮らし、そして島の芸能について。
当時を知る方たちのお話は非常に興味深いです。
私は、東洋のハワイと呼ばれていた頃の八丈島について、深く知りたいと思っています。

 

牛相撲
八丈島みやげのハンカチ
牛角力の様子が中央に描かれている。

八丈島の観光の一つとして牛相撲が話題にのぼります。
牛相撲は江戸時代の頃から行われていた伝統行事。

下の写真はやたけの寝覚草(鶴窓帰山著1848年)
八丈太鼓の文献で一番古いとされている。
盆中、牛が角をぶつけ合っていた様子が描かれています。

やたけ
やたけの寝覚草(鶴窓帰山著1848年)に書かれている挿絵。
盆中、太鼓が叩かれ人々が踊る。
そして牛相撲が行われていたのが描かれている。

 

名物だった牛相撲も観光客の減少や後継者不足で廃止になった。
おそらく1980年代までは行われていたと思われます。

大相撲と同じく番付で牛が格付けされ、最後には横綱が現れる。
大きな牛が思い切り、ドカーンと角を突き合わせる。
ドカーン!!熱き戦い!とても迫力が有ったそう。