着物 で横打ちと正面打ち

ゆうきち、ほんばたき、かしだて、下拍子のリズムが変わっても、上拍子が同じものに見えてしまう。

そういう理由で、私はイメージを変える為に立ち位置を変えています。

立ち位置を変えるということは、打ち方も変わるという事です。

今、私が実践しているのは、横打ちと正面打ちです。

横打ちと正面打ちについて、自分が思っているままに書いてみたいと思います。

 

 

横打ちの場合は、ほんの少し右肩を落とします。肩を落としたほうが柔らかいイメージになるからです。

右手で叩いて左手を引きよせて、左手で叩いて右手を丸く上げる。

右・左と叩いているだけですが、このときに肩が軽く8の字になるような動きがよいかと思っています。

そしてこの打ち方の場合、円を描くような丸い軌道と直線的な動きのバチ捌きがやりやすく、また右手に距離感があり、横と斜めのふり幅を活かした動きができます。

しかし、フチ打ちなど細かいフレーズを叩く場合は左手の往来が難しく、左右の手の距離感が同じ正面打ちのほうが適していると思っています。

 

横打ち
横打ち

 

先日ブログにも書きましたが、足を開いて叩くスタイルは、太鼓の高さを低くしたと考えています。

着物で正面打ちをするならば、太鼓はもう少し高い位置にあったほうがやり易い。

正面打ちは横のふり幅が小さいので(少しそり気味で)上から下へ叩いたほうが効果的だと思います。

まだ正面打ちを始めて間もないので、色々とはできませんが、横打ちにできない打ち方ができると思っています。

ひねって叩く、上半身だけの動きではなく、この時はへそを8の時を描くように外側に向けるように腰をひねる。

横打ち同様、姿勢は、首がスッとなるように両肩を落し、腰から下のラインを意識しています。

 

正面打ち
正面打ち